日本の婦人科のセックスポジティブヴプローチ

エリフ・エルドアン

翻訳:菊池幸

名古屋市の咲江レディスクリニックでは、丹羽咲江先生と長島史織さんが婦人科にセックスを否定しないアプローチをしています。Voice Up Japanは二人にインクルーシブ診療や健康問題だけでなく、国会での女性政治家の割合の低さなど、婦人科を取り巻く問題を理解するため、お話を聞きました。

セクシャルヘルスは医療専門家と話すには脆弱なトピックとなる可能性があります。さらに適切な環境が専門家により維持されていない場合、患者は心配の元について話すのを避ける可能性があり、最終的に必要とする治療を受けることができなくなります。そのため、一部の医療制度では、セックスに否定的な文化を変えるため、「セックスポジティヴ」を導入し始めました。毎年恒例のNPO教育学会ではデビッド・トーヴィー医師と恋愛コンサルタントのターニャ・ヤーヴィックがセックスポジティヴヘルスケアはセクシャリティが健康と幸せの重要な一部であることを認めていると述べます。セクシャリティはさまざまであり、セックスの体験や方法は人によって異なります。誰もが徹底的な健康教育と批判的ではない専門家にアクセスする権利を持っています。名古屋市池下町の咲江レディスクリニックの丹羽先生はセックスネガティブ文化を打ち破ろうとしている婦人科医の一人です。

患者は他県から咲江レディスクリニックに訪れる

「他県から来る患者さんの多くは性交痛の患者さんになります」と丹羽先生は答えます。咲江レディスクリニックでは悩みを打ち明けやすいのでさまざまな都道府県から名古屋まで足を運ぶ患者が多いことを強調します。「もっとゆっくりと患者さんたちと接し、じっくりと話を聞きながら患者さんの悩みを解消していきたいと思い、クリニックを開院しました」と丹羽先生は言います。「診察時には今のセックスの状況をこちらから質問するようにしています。いろんなことが話しやすい環境を作っています。HPには性交痛のページを作成し、「セックスは本来は痛くない」ものとしてポジティヴに伝えています」と先生は言い、クリニックでセックスポジティヴな環境を作る方法を見せてくれます。セックスネガティヴ文化には、痛みを伴う性交やセックスから生じる望ましくない状態を避けるためにセックスをしないよう勧めていることがあります。しかし、咲江レディスクリニックはこの文化にセックスポジティヴでチャレンジしています。

セックスネガティヴ文化とは? 

セックスネガティヴ文化では痛みを伴う性交やセックスから生じるうるある望ましくない状態を避けるためにセックスをしないよう勧めていることがあります。「セックスネガティヴ」と「セックスポジティヴ」は1920年代頃にウィルヘム・ライヒによって造られた用語ですが、最近、これらの用語を社会に批判をもたらす為に真剣に考えられるようになりました。セックスネガティヴ文化は基本的にセックスは悪い・危険・避けるべき行為と捉えたり、セックスに汚名をきせたりする私たちの社会を指します。また、異性愛規範の夫婦間のみのセックスを奨励するので、LGBT+の人は外されます。しかし、丹羽先生のような医師はこのような文化をセックスへのスティグマをなくし、クィアの個人に対しても包括的なケアを行うという方針のもとご、セックスポジティブアヴローチで変えようとしています。

図1.咲江レディスクリニックの丹羽咲江先生。咲江レディスクリニックは2002年に開業しました。クリニックの診療以外にも中学校、高校、大学を周り、性教育を行っています。

「私、開業して20年経つんですけど、20年前、産婦人科を建てる場所は表通りではなくて裏の通りで、入り口はわかりにくいところにありました。ラブホテルのように、わかるといやらしいかのように。今は駅の近くとかわかりやすいところですけど」と丹羽先生は言います。少し前までは、産婦人科は「隠すべきもの」として扱われていました。  

LGBT, セックスポジティヴィティーと婦人科学

「LGBTに対して、ジェンダー規範や性にまつわる規範などを持ち出さないようにしています。さまざまな性のあり方に理解があると示すために、東海圏のLGBTの団体PROUD LIFEに広告を出したり、LGBT相談を行う場所を作ったりしています。」と先生は言います。咲江レディスクリニックでは、長島さんがLGBT関連の相談を担当しています。「私は咲江レディスクリニックの院長秘書とLGBT相談窓口の担当として働いています。また、NPO法人PROUD LIFEのスタッフと立命館大学大学院先端総合学術研究科でセクシュアリティの研究を行っている院生でもあります」と長島さんは言います。セクシャルマイノリティは社会で自分のセクシャリティを自由に表現するのに非常に苦労しているため、医療を求める場合、セックスネガティヴな社会ではより脆弱になります。 

「近年ではLGBTも言及されるようになってきましたが、ゲイ以外のセクシュアリティではどのような性の問題があるのか当事者ですら知らない場合もあるため、そもそも産婦人科に行くという選択肢を持ちにくい傾向があります」と丹羽先生は言います。セックスネガティヴな文化はLGBTの人々が婦人科に行くことをより困難にする可能性があることを認めなければなりません。「一応、トランスジェンダーのホルモン治療とか手術やっているところはあるはあるけど結構表立って、レインボーフラッグとか理解がありますよと示しているところが少ないですね。やっぱりトランスジェンダーの人たちはコミュニティの中で、あそこはいいよと口コミで知って行く」と長島さんは言います。また、「手術はやるとかホルモンだけ行っているなど病院ごてに取り込んで入るが。相談したい人にとってはハードルが高いんです」と長島さんは言います。LGBTの人にサービスを提供する場所はありますが、隠されたまま行っていたり、または相談に力を入れていないということになります。

日本での婦人科学に対するスティグマ

『ルナルナ』×「シンクパール」共同意識調査「頼れるかかりつけの婦人科を持とう」によると回答者の40%だけが婦人科医に満足していると感じていると答え、#nandanaino プロジェクトが「新型コロナウィルスと避妊不安・緊急避妊薬」について行った 調査 によると、回答者の30%は避妊薬を手に入れるために産婦人科医に行くことを思いとどまっていると答えました。

図2.日本での産婦人科学に関しての『ルナルナ』×「シンクパール」共同意識調査 [Link here] 回答者の39.9%が診察を受けた医療機関が「かかりつけ」だと感じていることを示しています。34.6%が「いいえ」と回答し、25.6%が「よくわからない」と回答しました。
図3.#nandenaino プロジェクトの「新型コロナウィルス禍、意図しない妊娠・緊急避妊薬に対する不安」調査。人々が緊急避妊薬を受け取らないことに決めた理由を示しています。31.6%は産婦人科医に診てもらうことに抵抗があるためだと回答しました。55.3%は高価であると回答し、36.8%は新型コロナウィルスに感染するのではないかと不安だと回答しました。

「やはり、まだまだ行くことに躊躇う人は多い印象があります。それは日本社会全体がいまだに性そのものについて抑圧的であったり、女性も性の主体であること、欲望を持つ主体であることを考えていないことが要因の一つでもあると思われます」と丹羽先生はなぜ日本で産婦人科に行くことに対してスティグマを持っていると思うかについて説明します。「日本における内診はカーテンを引いて行うことが多いですが、諸外国ではそうではなく、カーテンを引かずに内科と同じ感覚で雑談しながら内診を行うことが多いです。性器も身体の一部として、特別視しないところがあります。一方で日本では内診=痛いもの怖いものといった内診自体にネガティヴなイメージがあります。」セックスネガティヴ文化は人々の思考だけでなく、日常でも普及しており、多くの日本の婦人科医が「セックスネガティヴ」であることがその一例です。 

図4.日本の骨盤検査用婦人科・産科クリニックの椅子とカーテンの画像

丹羽先生に「日本では産婦人科に対するスティグマはあると思いますか?」と聞くと、「あります」と答えます。「昔から産婦人科は赤ちゃんを産むまたは性病がある時に行く病院だと思われているかもしれません。また、S T Dsがあるということはセックスに対してアクティヴな女性が行くところだと思われてかもしれません。」と先生は説明します。  

なぜ人は声を上げないのか?

「日本は性に関しては本当におかしいです。すごく変だと思うのになんで日本人はおかしいと声は上げないのかな」と先生は言います。「なぜ声を上げる人がいないかというと、女性政治家が少ないからです。女性政治家は男性政治家に選ばれるか、または『男性』の様に振舞わないと出世はできないから男性寄りの考えになってしまう。また、女性政治家自身がセックスの問題やセックスにを重要なトピックと考えていないのかもしれません。このことは、日本社会がセックスにであることと関係しているのかもしれません」と丹羽先生は説明します。現代の日本がセックスレスな社会になるにつれ、セックス関連の問題に取り組むことがますます難しくなっています。

咲江レディスクリニックのについて詳しく知りたい方はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です