エリーさんの「隠さなくていい」コンセプト

エリーさんについて:徳島市出身。岡山大学在籍中。"WE DON'T NEED TO HIDE IT."(隠さなくていい)をコンセプトにした生理Tシャツを制作・販売。日本家族計画協会が主催するU-COMコンドームデザインコンテスト2019大賞(U-COM コンドームは、2017年から毎年コンテストを開催。性感染症予防や望まない妊娠の予防について、若者たちが 考え、描いた作品の中から、若者たちが投票でデザインを選びます。大賞作品はパッケージデザインとして採用され、 実際に性教育・イベントなどで啓発・教育用に配布されるコンドームになります)。 ウェブサイト:エリーのあたまのなか "Inside Eri's Head"https://suzuri.jp/Erigorithm24]  生理のTシャツを作ろうと思ったきっかけは?もともと生理だけじゃなくてリプロダクティブヘルスやセクシャルウェルネスに興味を持っていて、自分で何か発信したいという気持ちがすごく強かったです。前々からツイッターでは個人的に思ったことを発信していたけど、ありふれた一大学生の私が個人のSNSで影響を及ぼせる範囲に限界があると感じていました。どうにかキャッチーな感じの発信がしたいなと思って、そのときにパッと視覚に訴えかけてくるもののほうがいいんじゃないかと思ったんです。自分の中のモヤモヤや問題意識をビジュアル化できるデザインの力はすごく大きいんじゃないかなと思ってTシャツを作ることにしました。日本で発言することは難しいと思うんですけど、そこで生理についてやるっていうことは勇気が必要でしたか?勇気というよりも「やるしか!」という使命感が強かったですね。このままじゃ何も変わらないと思いました。生理の話は日本でタブー視されている理由はなぜだと思いますか?タブー視をなくすために私たちには何ができると思いますか?「なんとなく」隠してきたから「なんとなく」隠すものだという癖が染み込み過ぎちゃっていているだけで、個人個人が生理をタブー視している理由はそんなにないんじゃないかと思ったりしています。タブー視というより、単純に抵抗感が強いんじゃないかな。今まで生理のことが語られてこなさ過ぎたために、生理にまつわることに対してやたらに拒絶反応や抵抗感が大きくなり過ぎちゃっていると思います。私たちに出来るのは、日常のなんでもないタイミングで生理についてとりあえず喋ってみること。生理について話すことに少しずつでも慣れていかなければ何も変わらない。このまま「なんとなく」隠さなきゃ、「なんとなく」喋りにくいということがこれからも「なんとなく」続いて行ってしまう気がするので、社会レベルで何か変えようとしなくても、自分にできることがあって、それをしたいと思うならやってみるといいと思います。私の場合は、生理のことについてちょっとずつ身近な人に話してみたら、空気感が変わってきました。友人たち含め色んな人が話題に出すようになったり、相談してくれたりするようになりました。「相手を困らせるかも」とかあまり考えすぎずに、まずはサクッと口に出してみるのは1つのポイントですね。Tシャツを作った後の反応とは?近しい人たちだと、私が今までモヤモヤしていたことや興味があることをよりはっきりわかってくれるようになりました。このTシャツを作ったことで、しばらく話していなかった人や知らない人とも、同じテーマで問題意識を共有できるようになったんです。身近じゃない人たちでいうと、私の着てるTシャツ(の意味)が単純に気になって声をかけてくれて、そこから話ができたり。思いがけず、生理Tシャツが会話のきっかけになりました。もともと性に意識が向いている人たちだけじゃなくて、普段は全く興味がない人たちにもリーチができるし、私の私が変えたいと思っていることをごく自然にたくさんの人に伝えらるのはすごくいいなと思っています。この問題意識を、顕在化している層ではなく潜在化している層にリーチできたことは大きいですね。Tシャツのデザインの意味とは?“WE DON’T NEED TO HIDE IT.”には、生理がある人もない人も、生理をわざわざ隠さなくていいんだよ、というメッセージを込めています。ただ、生理に関するメッセージはそれほど強調せず、あくまでもTシャツのデザインとしてシンプルにかっこいいものにしたくて。生理は英語でperiodというので、英文のピリオドから濃いめの血を垂らして、このTシャツが生理をモチーフにしていることが暗にわかるようにしました。フェミニズムについてどう思いますか?フェミニズムの本質がわかりにくくなってきていることがあると思います。人々の間でうまくコミュニケーションが取れていないし、伝え方や伝わり方への配慮も足りてないので、なかなか分かり合えるまでいけないのだと思います。フェミニストたちの意見や主張には賛同するところも多くあるけれど、難しすぎたり、言葉がキツすぎたり、そりゃフェミニストを毛嫌いする人がいるのもわかるよなあ、というのが私の正直なところです。歯切れがいい感じのフェミニストが目立つと、責められているだとか批判されていると受け取っちゃう人は多い気がして、本来は「みんなのため」のフェミニズムなのに、メッセージが伝わりにくくなってしまうのではないかと思います。女性性から発せられる言葉と男性性から発せられる言葉は通い切れていなくて、いやそもそも共通言語を話せていない気がしていて。極論は、男性だろうが女性だろうがオケラだろうがカエルだろうが、「あなたと一緒に生きていきたい」だけなんだけど、どうもそれがうまく伝わっていないところがあると思います。フェミニストを毛嫌いする人たちによく共通するのは、普段自分が誰かの言いなりになってたり、理不尽な扱いを受けていたりして窮屈な思いをしている状況だと思っています。Twitterでも、すごく攻撃的で心無い言い方をしている人たちをたくさん見るけど、彼らの言葉からダイレクトにダメージを受けるというよりも、その言葉が発せられるに至る彼らの状況にしんどくなってしまいますね。そりゃ誰かにも当たりたくなるよなあ、しんどいよなあって。その対象が女性であることや、フェミニズム自体への敵視はもちろん的外れなんだけども、フェミニズムの本質が伝わる努力を地道に続けていかなければいけませんね。「共通言語」というのが1つのキーワードだと思っていて、共通言語を話せていないからお互いの事が伝わりきらないと思っています。文系と理系の研究者同士の話がかみ合わなかったり、お年寄りのおばあちゃんと話が通じなかったり、そういうのと同じような気がしています。社会は男性と女性に境界線を引いて、私たちを分断して生活させてきました。女性は男性ならではの生きづらさとかピアプレッシャーみたいのを理解しきれていないし、男性も女性のしんどさを理解しきれていない。私たちの知識、感覚、今までの経験が違うところで話しても通じないことはいっぱいあると思います。気長に、マメに、でもむやみやたらに誰かに当たることはしないで、日々少しずつ自分のしんどさを共有していけたらいいですね。そうやってお互いに歩み寄ることができて、自分にもみんなにも優しくなれたらいいですよね。お互いを理解しあう際に大事なのはなんだと思いますか?モヤモヤやイライラなど、もろもろのマイナスの感情を一旦置いておいて、お互いのことを丁寧に読み解く時間が大切だと思います。お互いの意見を押し付けるのではなくて歩み寄ることが大事。どんなに親しくても知らないことはあるんだから、知らない人のことなんて知らないことだらけ。そこを知ってみようとしてみてもいいと思います。みんな「こうあるべき」という連鎖をとめて、縛られなくてもいいことを感じていけたらいいですよね。お互いの生きづらさを知っていくことでお互いのことをより深く理解するのはアプローチの1つだと思います。誰もが何にも縛られすぎないで、肩の力を抜いて生きていけるのがいちばんですよね。「U-COMコンドーム デザインコンテスト2019」について:もともと、デザインのせいでコンドームを手に取りにくいというのが、具体的に性のことに興味を持ったきっかけだったように思います。アメリカの留学中にキャンパスでフリーコンドームを配っていたり、ヘルスセンターではネットでコンドームを匿名予約・ピックアップできるシステムがあって、単純に「いいな!」と思えたんです。それまでコンドームを自分で手に取ったことがなくて、帰国してからドラッグストアのコンドームコーナーを見てみたら、パッケージのデザイン的にすごく手に取りにくくて。そこで、コンドームのパッケージをデザインしてみたいとすごく思うようになって、コンドーム自体についても色々調べた結果、このデザインコンテストを見つけて、応募することにしました。私のオリジナルコンドームをもって、私の徳島の母校や岡山の学校に、保健室という名の座談会を開きに行くのが今の目標ですね。 U-COMコンドームデザインコンテスト2019大賞作品 これからの課題:性に意識が向いている人たちへのアプローチもそうですが、そうでない圧倒的多数の潜在化している人たちへのアプローチを探りたいと思っています。ふと興味を持たせることのきっかけを作っていきたいと思います。みんなが自発的に大学の授業をとったり自分で調べたりするようになるといいですね。とにかくみんなにちょっとでも意識を向けてもらう努力をコツコツ地道にやっていく時期かな。私が生理Tシャツを作っただけでもきっかけはすごく増えたし、私がこういう人だということがわかったから、私にそういう話をしやすくなった人もいてくれたので。自分の行動一つで、自分の周りの人が生きづらさからちょっと解放されていたらいいな。少なくとも一助にはなれてるかな。私はあまり大きなことを言うのが得意ではないので、自分の行動一つで変えられることを自分のできる範囲でやっていく中で社会にインパクトを与えていきたいです。

Continue Reading
  • 1
  • 2
Close Menu