スタートアップの共同創設者がSTEMで女性に力を与える方法

レスリー・リー 著

Kikuchi Sachi 翻訳

Code Chrysalisのスタートアップ共同創設者ヤン・ファンさんは、STEMで女性に力を与えるため、コーディングにおいて女性に多くの機会を生み出してきました。

私たちの生活を合理化する技術の進歩にますます依存するようになるにつれて、多くの少数派が生産プロセスに参加していないことに気づかないことが多いようです。これはAI /機械学習から派生したデバイスのユーザーに影響を与えます。、 STEMを構成する科学、技術、工学、数学業界では、女性は過小評価されています。多くの企業がエンパワーメントプログラムとジェンダークォータをサポートすることでSTEMのジェンダー格差に取り組んできましたが、多くの小さな組織は問題を自分たちの手に委ねています。 Code Chrysalisでは、共同創設者のヤン・ファンさんがコーディング業界女性のために多くの機会を生み出し、コーディング業界の女性人口を増やすことを目指しています。

Code Chrysalisとは何ですか?Code Chrysalisはどのように始めましたか?

私は、東京を拠点とするコーディングブートキャンプであるCode Chrysalisの共同創設者兼CTO(最高技術責任者)です。コーディングの方法を学びたい大人や転職を望む人のために、ソフトウェアエンジニアリングコースを提供しています。また、エンジニアリングチームのトレーニングを希望する企業向けのトレーニングも提供しています。大学卒業後、私は金融に転向し、ソフトウェア工学に転職しましたより良いソフトウェアエンジニアになることの一環として、楽しんでたくさん教えていました。結局、コーディングスクールでパートタイムとして教えていたので、中東にコーディングブートキャンプを立ち上げることになりました。そしてそれがきっかけで、日本でも始めました。

女性としてスタートアップを始める上での難しさは何ですか?

女性はもっと自分自身の力を証明しなければならないと思います。基準も男性に比べるとはるかに高いです。 私の肩書きがCTOであっても、ソフトウェアエンジニアであるかどうかは、常に疑われています。 「これまではシリコンバレーのソフトウェアエンジニアでした」と自分の肩書に加え常に説明しなければならないような気がします。 自分自身を説明しないと、知識や技術的なスキルを疑われるのです。 私の共同創設者はソフトウェアエンジニアではありませんが、人は自然と彼がエンジニアであると思い込んでしまうので、技術的な質問は彼に行きます。 これは男性と女性の両方がしています。、 多くの女性は自分もこの抑圧のシステムの一部になり得ることを理解していないため、女性もこの仮定をするのです。

以前、ヤンさんのスキルを疑われたり、エンジニアではないと思われたりしたのは多くの場所で起こっていることだと思いますか?

この問題はほかより日本の方が定着していて一般的に起きていると思います。 フェミニズムについての教育のレベルが低いからだと思います。 日本の女性に差別的なことを指摘したことがありますが、「え?知らなかった!」や「ああ、しょうがないよ」などと言われました。 これはは他の国でも起こりますが、日本ほどではありません。 私がサンフランシスコで働いていた頃、技術的なスキルを疑われることはありませんでした。 たまには疑われましたが、日本で起こるほどではありませんでした。 

Code Chrysalisは、女性がコーディングを始められるよう、どのように力を与えていますか?

日本で唯一、工学クラスで女性生徒が50%に達しているプログラムだと思います。非常に良い進歩であり、私たちが行う一貫した意識的な努力の積み重ねです。毎日、毎週、それを続けているという点で一貫しています。私たちは、さまざまな組織と協力し、ブログ投稿を書き、アウトリーチを行うことを直接奨励しています。これは、イベントを開催するときに、4人のスピーカーを招く場合、男女平等になるよう、意識的な取り組みをしています。 

レプリゼンテーション(代表性)は女性のエンパワーメントの重要な部分だと思いますか?

はい。レプリゼンテーションも女性の居場所を提供していると思います。講演者を集める告知をするときは大体、男性しか申し込みません。それは、女性から前に出て話すことをサポートする世界に住んでいないからです。なので、私たちはこれまでスピーチをしたことがない数人の女性に連絡を取り、話をするよう勧め、スピーカーの中に新人が現れるようにます。女性に経験を与えることは重要なので、私たちは企業で内でもよりバランスの取れたレプリゼンテーションをすることに取り組んでいます。 

イベント以外に、コーディングブートキャンプはどのように女性に力を与えることができますか?

ブートキャンプのコーディングは、女性に力を与え、テクノロジーに包括性/多様性をもたらすための最良の方法の1つだと思います。意識的に転職する女性をターゲットにしているからです。私たちのプログラムを終えた後、業界に行き着くので、若い女の子にSTEMに興味を持ってもらうよりもはるかに高いリターンがあります。私を含む多くの女性は大学でSTEMを学ぶ機会を逃しました。多くの女性は、STEMに関連することを行うには、あまりにも怖い、恐ろしい、と思っています。コーディングブートキャンプは、キャリアチェンジのための具体的な可能性を提供するため、素晴らしいものだと思います。

女性をテクノロジーに引き込むためのパイプラインは、非常に「漏れ」が多いです。 「ここはマイクロアグレッションが多すぎる」と気づき、抜けていくからです。このパイプラインを修正する必要があります。コーディングブートキャンプが素晴らしいのは、パイプラインを離れようと思う女性を呼び返すことができるからです。私たちはこの女性たちをキャッチして、「あなたの居場所はここですよ」と言えるので、この活動に誇りを持っています。 

日本のパイプラインは、シリコンバレーのパイプラインよりもはるかに「漏れ」やすいと思いますか?

はい、そう思います。どのような分野であれ女性のためのパイプラインは信じられないほど「漏れ」が多いと思います。日本の社会はフェミニストでいることがとても難しい状況を作っていると思います。 

起業したい女性へのアドバイスはありますか?

やること!一般的には多くの人が起業ついて話すだけで、怖くて行動に起こせないと思うのですが、単に話すのではなく、動くことが非常に重要だと思います。

起業をするとき、女性がその「インポスター症候群」、または自己不信感を克服するいくつかの方法は何ですか? 

私たちはいつも自分自身にひどいことを言っています。いつも自分に対してネガティブな話をしますが、私は「同じことを親友に言う?」と自分に問いかけています。他の人に自分自身に言うような否定的なことを言えないのなら、自分自身にも言うべきではありません。ネガティブなことを考えているときは自分自身をチェックし、友達に言えるかどうかを確認することで自分自身に言うべきか判断できる優れたバロメーターだと思います。 

また、男性が何をするかについて考えてみてください。男性は私たちと同じ状況にいたら質問をするでしょうか?たぶんしないと思います。だから堂々と仕事に応募してください。男性は自分がその仕事のすべての要件に適合しなかったことを気にすると思いますか?いいえ、たぶん堂々と仕事に応募すると思います。もし自分が男性だったら、どんな期待をされると思いますか?自分自身に与える多くのプレッシャーは私たちがどのように育てられたか、私たちが見るもの、そして私たちが慣れているものに基づいているということを理解すること。これを認識することによって脱出ができるようになります。練習が必要ですね。

STEMで女性のエンパワーメントに協力したいと思う理由は何ですか?

テクノロジーは私たちの世界を支配しています。私たちに特定の選択をするように促したり、生活の中で起きる結果を生み出したりします。私たちをコントロールするこのテクノロジー、私たちが生きて働き、友達を見つけ、つながり、時には愛を見つけるために頼るこのテクノロジーは主に男性によって作られています。 機械学習とAIの台頭に伴い、テクノロジーの作成者を多様化しないとどうなるかが心配です。 アプリを作成するとき、「差別的なアプリを作成する」と考えているわけではないですよね。人はそんな風に考えていません。けれど、しばしば起こり得ることは、差別が生じてしまうことです。 

昨年、Amazon HRボットがあったじゃないですか。機械学習が行われるのは過去のデータを使用して将来の意思決定をすることです。問題は、データに偏りがあり、人間がその過去のデータを生成していくことです。多くの場合、機械学習はそのバイアスを永続させ、ますます大きくします。時には、些細なことかもしれません。たとえば自動車の安全性テストでは、女性のダミーを用いたテストはしません。なので、男性にとって安全ですが、女性にとってはそれほど安全ではない車がたくさんあります。いろいろあるんです。 私たちは男性のために設計され構築された世界に住んでいます。人口の50%として、女性としてそれを認識することが重要だと思います。 

コーディングに興味があるけど、どこから始めればいいかわからない女性へのアドバイスは何ですか?

グーグル。コーディング方法を検索するときはいつでもたくさんのリソースがあります。もちろん、Code Chrysalis も。 

STEM /コーディングにおける若い女性へのメッセージは何ですか?

自分を信じること。 ほとんどの場合、女性は、素晴らしいスキルを持っていても自信や自尊心がありません。それが最終的に女性を傷つけるのです。

「How a Startup Cofounder Empowers Women in STEM」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です