10ねんとパンデミック:福島の復興

By バネルジー トリシット | Translated by 菊池 幸

2020年11月29日が普通の日だったら、福島の双葉初発神社に神様が約10年ぶりに戻っ てきたのは大変なことだったでしょう。しかし、日本が新型コロナウィルス第3波と戦う中、 選ばれた人々だけによる静かなイベントとなりました。

図01:神が運び入れられる前に改装された双葉初発神社

2021年3月、福島と東北地方のその他の地域は、地震と津波に海岸を襲われてから10年を記念します。しかし、福島において、原発事故によってさらなる課題がもたらされたため、双葉のような町のほとんどの地域は放棄されたままです。 10年が過ぎ、これらの町が回復とという新たな希望を持って常磐線の再開に備えたのですが、パンデミックは今や克服できない障壁となっています。

ハードインフラの復旧が完了に近づく

「災害の初期には復興に対する国民の関心は高いですが、時間がたつにつれ、忘れられてしまいます。回復は長期的なプロセスです」と東北大学IRIDeS(東北大学災害科学研究所)のDave Nguyen教授は述べます。復旧は地域コミュニティ自体が提案した計画に基づいているため、完了までに必要な時間は地域によって異なります。復興庁からの応答として、政府機関は、地震と津波の影響を受けた地域については、復興が完了段階にあると主張しました。 「災害で家を失った人々のための恒久的な公営住宅の建設は、2020年9月30日時点で99%の完了率を達成しており、目標は、2021年3月末までに、仮設住宅から恒久的な住宅への入居を完了させることです」と当局は述べました。

しかし、原発事故に見舞われた地域について同じことは言えません。政府は現在、駅周辺などの特定の地域を優先的に再建し、放射性物質を浄化するために指定しています。復興庁にとって、パンデミックとは関係なく、共通の課題が残っています。 「道路や建物などのハードインフラの再構築は、多かれ少なかれ完了しているか、完了に向けて順調に進んでいますが、地域とコミュニティの関係を再構築し、住民と避難者に心理的ケアを提供することは復興庁の中心的な使命の1つであり続けます」と述べました。

当局は、全体的なスケジュールはパンデミックの影響を受けておらず、目標は2021年3月までに再建の建設部分を完了することであると主張しています。「今年初めに、新型コロナウィルスに対する必要な予防措置を遵守するために、政府が資金提供した一部のプロジェクトを一時的に中断または延期しなければならなかったという報告を受けましたが、その後、すべてが再開され、今年度中に完成する予定です。この期間中に一部のプロジェクトが完了できなかったとしても、政府は地方自治体と調整して必要な調整を行う準備ができている」と述べました。

パンデミックは被災者の支援に影響を及ぼした

ハードインフラの復旧はパンデミックの影響を受けないように見えますが、被災者には同じことが言えません。復興庁福島第一原子力発電所では、パンデミック中に発生した課題をスタッフが強調しました。 「災害以来、コミュニティは多くの方法で分割されてきました。故郷に帰ることができた人にとっては、避難中の隣人がまだ帰ってきていないかもしれません。そのため、新しいコミュニティを構築するために開催された交換イベントは、人々が直接会うことができないため、パンデミックの影響を受けました」と一人のメンバーは言いました。彼らはさらに、災害に起因するトラウマの高齢者の犠牲者の問題を強調した。これらの犠牲者の多くは人里離れた生活を送っており、パンデミックが発生するまで誰かが家に訪問し、彼らの健康を確認していました。 新型コロナウィルスが広まって以来、これはますます困難になり、現在、彼らに連絡する唯一の方法は電話を介することです。

驚くことに、いくつかの利点もありました。以前は、これらの自己隔離をしている人々の中には、サポーターが訪問したときにドアを開けなかった人もいましたが、今では電話でつながることができます。また、これまでは自宅で交流会を開催していましたが、一部を屋外で行うことで、参加者全般が活発になりました。結局、サポートする人とサポートされる人だけが影響されるわけではありません。 「仲間の避難者と一緒にお茶を飲みながら会話する機会は、パンデミックによって減少したので、孤独に感じる人が増えました」とスタッフは強調しました。

図02:自動運転車をテストしているいわきの高齢避難者

観光の回復はパンデミックによって窮地に立たされている

被災者自身とは別に、福島のいくつかのセクター、特に観光業がパンデミックの影響を受けています。Nguyen教授は、回復過程におけるパンデミックのタイミングの悪さを強調しました。 「2011年以降、政府は迅速な回復のために観光業を推進し、ビザポリシーを刷新しましたが、結果は不均一でした。沖縄は改修から5年で観光客数が800%近く急増しました。東北は恩恵を受けましたが、2010年の水準に戻っただけでした。2020年はオリンピックなどの大きなイベントがあり、2010年の水準を超える年になると多くの人が考えていました。しかし、パンデミックはそれらの希望を打ち砕きました」と彼は説明しました。 

福島市観光コンベンション協会では、Andrew CoombsがインバウンドCMOです。毎年春、福島市近くの花見山には約30万人の観光客が訪れます。これは、市内の2つの主要な観光イベントの1つです。 2020年には、パンデミックが全国に広がったため、この公園は3月中旬に閉鎖されなければなりませんでした。Coombs からすれば、2011年と現在の間に類似点がありますが、パンデミックの影響はより大きくなります。 「2011年、課題は東北と福島に集中しましたが、現在のパンデミックは世界の観光産業を蒸発させました」と彼は言います。 「去年の4月と5月に最初のキャンセルが発生し始めたとき、それは2008年の金融危機と比較されましたが、影響はもっと大きくなると思います。 2019年のレベルに回復するには2〜3年かかるでしょう」と、さらに付け加えました。 Coombsはまた、多くの地方自治体が現在、国際観光の予算を削減し、国内に焦点を当てることを計画していると述べています。 Go Toキャンペーンは、福島市内の3つの温泉などの企業にとって有益でした。高湯温泉は2020年後半に顧客満足度でJALANツーリズムアワードを受賞し、観光客が増加しましたが、キャンペーンの一時中止と第3波により、再び熱意が失われました。

福島市だけでも、パンデミックにより100社以上の企業が閉鎖されました。シティツーリズムのホームページには、平均と比較して25%の訪問者しかいませんでしたが、Coombsはすでに適応に取り組んでいます。 「私が取り組んでいるプロジェクトの1つは、地元の盆栽アーティストである阿部盆栽とのプロジェクトです。観光が再開されたら、磐梯廟スカイラインと盆栽周辺の観光に集中できるよう、盆栽デモをオンラインで行っています」と彼は述べます。

いわき市では、山根達弘の妻の家族が2011年まで双葉に住んでいましたが、今は家族と避難生活を送っています。彼は双葉と福島沿岸のセクターの活性化に取り組んでいる観光会社であるF-ATRASの創設者です。回復のペースに関する彼の懸念を言及します。 「ただでさえマーケットは小さく、苦戦していました。パンデミックは、原子力発電所の処理水の太平洋に放出する話とほぼ同時期に発生しました。今、懸念は、これが福島についてのさらなる噂につながるならば、それは回復をさらに困難にするだろう」と彼は言った。「2011年以前から処理水が放出されていましたが、災害によりそれが焦点になりました。パンデミックは次々とネガティブになるため悪化する」と彼はさらに付け加えた。

当初のスケジュールでは、2020年後半頃に外国人観光客を双葉に誘致する予定でしたが、現在は2〜3年遅れています。山根は、新しい常識に適応するために、エコツーリズムを検討し、福島の日当たりの良い海岸を利用して、将来の観光客に開放感を提供しています。今年1月には双葉町議会にも選出されました。

Nguyenも山根も、長期計画では、福島は放射能を取り巻くイメージから切り離されなければならないと信じています。 「北九州はかつて日本で最も汚れた地域と考えられていましたが、工場の破壊や緑地の建設に多額の費用がかかりました。マイアミでは、観光案内所が警察と協力してパトロールを増やし、犯罪都市のイメージを落としました。福島も放射線問題を解決する方法を見つけなければなりません」とNguyenは言います。

双葉初発神社は、クラウドファンディングの多大な努力の末に再建されました。山根は地域、文化、人々も神社と同じようにコミュニティの中核だと信じています。「夜の神社の明かりは、私にとって再建の真の光だと感じています」と言いました。双葉と福島の両方にとって、パンデミック中に回復を決して逃すことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です