Voicing Up For
Equality in Japan

一般社団法人Voice Up Japanは、ジェンダー、セクシュアリティー、人種、国籍、信じる宗教に関係なく誰もが平等な権利をもち、そして誰もが声を上げやすい社会を作ることをビジョンとして掲げ活動しています。

Kazuna

VOICES

私たちについて

政治的活動、意識の拡散、 コミュニティーづくりを通して、 日本の社会を平等にしていきます。

私たちの声

振り返ってみる今:SEALD以降の福田和香子さん

振り返ってみる今:SEALD以降の福田和香子さん

福田和香子さんは今、机と本と成績などが特徴である学生生活に戻っている。Students Emergency Action for Liberal Democracy自由と民主主義のための学生緊急行動 (SEALDs)解散後、大学中退から5年の長い年月を経て彼女は復学を決断したのだ。安倍内閣が2015年に制定した、日本の自衛隊が外国の紛争に参加することを許可する安保関連法案に対して抗議してきたSEALDs設立者の一人だった。
体罰について若い選手たちが語ると

体罰について若い選手たちが語ると

夏に出されたヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の報告書によると、体罰が違法であっても、「優勝者を育む」過程で虐待を受けている子供が日本の競技場やスポーツ場にて未だにたくさんいる。

私たちがいる場所

Voice Up Japanは全国の大学に学生支部を持っていることを 誇りとしています。 草の根レベルで日本の若年層を勇気づけることは、 将来平等な社会を作るためにとても役立ちます。

ニュース

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

インスタグラムでフォローする

若いリーダー

学生支部

メディア出演

私たちのパートナー