#kutoo #I_am_me

#kutooから#I_am_meへ:石川優実が立ち上げた自己受容ハッシュタグ

MartinaCavallaro著

石川優実は女優、グラビアモデル、作家、活動家です。彼女はまた、システムが十分に等しくない場合、変更を加えるために「発言」しなければならないという生きた証拠でもあります。これは彼女がハッシュタグ#kutooで行ったことです。これはウイルスになり、他の女性に文字通り足を傷つける規則に反対する請願書に署名するよう促しました。

#kutoo。石川は、ハッシュタグ#kutoo  (#metooを思い出させる 、kutooは靴の日本語の単語であるkutsuと痛みの単語であるkutsuuの両方のように聞こえるパン)でマークされた動きを開始して抗議することで日本でよく知られ ています作業服装規定の一部として女​​性にかかとを着用させる規則。活動家は1月にツイートを書き、葬儀場でのアルバイトのために5cmから7cmのかかとを履く必要があることへの不満を表明した。鋭いハッシュタグのおかげで、忘却に陥ってしまう多くのツイートとは異なり、その投稿は本当の挑発でした。そしてそれは彼女に関係した多くの女性によって支持されました。実際、  #kutoo 多くの人が傷ついた足や出血している足の話や写真を共有し始めたため、すぐにウイルスに感染しました。その最初のツイートからすでに6ヶ月が経過しています。現在、  #kutoo は18,800人が請願書に署名したキャンペーンです。6月3日、この請願書は厚生労働省に提出され、雇用主が女性に職場でかかとを着用することを義務付けることを禁止する法律を制定するよう要求した。「これが第一歩です」と石川はコメントした。

石川の活動はそれだけではありません。女優兼モデルとして、身体やイメージの受容などの問題に関心を持っています。最近、彼女は女性が自信を表現することを奨励するI_weighと呼ばれる運動を発見しました 。そのような運動は日本でどのように形作られるのでしょうか?これと国内での身体受容談話について石川さんとお話を伺いました。

この運動は日本でどのように発展していますか? 

私は最近までI_weighについて知りませんでした。ある日、ツイッターでそれについての記事を見つけました。その間、私は大きくて太っていたので本当に悲しかったです。25歳になってから、体重をかけるのがとても怖いです。さらに、グラビアモデルとして、業界の人々から多くのプレッシャーを感じました。そこで、自分の体についての苦情をツイッターに投稿し始めました。それから私はi_weighについての記事に出くわしましたそして  それは本当に新鮮だと思いました。日本にこんなものがなかったのは残念だと思いました。私たちは、この自分自身に焦点を合わせるという考え方を欠いています。私たちは社会の目ではなく、自分の目で自分自身を見る方法を知りません。たぶんそれが日本で多くの人が自分のイメージに不満を言う理由です。それは彼らが他の人の考えをもっと気にかけているからです。性教育Youtuberで しおりぬさん、ハッシュタグ#I_am_meを始めました 。画像のポイントに注目し、価値を与える必要があります。 

日本で「太っている」と考えられているものは何ですか? 

テレビや雑誌に出てくるモデルや女優と体が違うと、太っていると思いやすいと思います。最近、いくつかのプラスサイズのモデルが人気になり、それらは美しいと見なされているのは事実です。しかし、それでも、「健康な人」のBMIは18〜25であると想定されており、これらのモデルは実際にはこれらの数値を表していません。それで、女性がそれについて考えるとき、彼らはむしろ体重を減らしたいです。 

日本は常に健康な国として表されてきました。そこでは人々はその食べ物のおかげで長生きし、痩せたままです。これは本当だと思いますか、それとも実際には人々、特に女性は体重を減らすために多くの不健康な食事をしていると思いますか? 

女性をターゲットにしてダイエットを促す記事やコマーシャルはたくさんあります。ダイエットにはたくさんの種類があります。ですから、義務感(「ダイエットしなければならない」)は本当に一般的です。日本人の多くがジャンクフードを食べているのも事実で、これも不健康です。でも、減量のために和食を食べようとする人もいます。「痩せたい」とかダイエットをする人も多いと思いますが、そうするとコントロールできなくなります。「痩せていなくても大丈夫」と考えたほうがいいのではないでしょうか。

本当。男性はどうですか?彼らはまた、いくつかの美しさの基準を持っていますか?彼らも痩せたいですか? 

男性は筋肉にもっと焦点を合わせます。彼らは筋肉を得るために多くの訓練をしますが、社会からの特定の圧力を感じるからではなく、彼ら自身のためにそれを行います。代わりに、食事療法は異なります。女性がダイエットを決意すると、プレッシャーに感動し、ダイエットをしなければならないと思っている印象があります。

ムーブメント#I_am_meに戻りましょう 。メッセージをどのように広めますか? 

インスタグラム。Twitterは少し違います。Instagramでは、画像を表示するのが簡単で楽しいです。フォロワーから送られてきた写真を投稿します。そして、私たちはますます受け入れることを嬉しく思います。とにかく、私たちの動きはI_weighとは少し異なります。それは体重の問題(太りすぎや痩せすぎ)だけでなく、一般的な自己受容についてです。重要なのは、私たちが自分自身について好きなことに集中することです。 

美容基準が変わってきていると思いますか?一例は渡辺直美です。 

はい、そうです。しかし、まだギャップがあります。スキニーモデルまたはプラスサイズモデルのみがあります。間にモデルはなく、それでも大きな問題だと思います。もちろん、太りすぎの人は今では美しいと考えられていますが、それでも、「私は彼女のように体重を増やしたい」と言う人は誰もいません。 

日本の女性はどのようにして不安について話し、自信を持つことができますか? 

日本では、子供の頃から自分自身に幸せで自信を持つ方法を教えてくれる人は誰もいません。彼らが学校でそれについてもっと話し合ってくれたらいいのにと思います。そして、メディアは常にスリムな人々を見せながら、美しくないと思われる人々をからかっています。自分のイメージについて考えを変えるのが本当に難しい場合があります。自分に満足しようとしても、裁かれる恐れがあります。この社会の行動は変化しなければなりません。 

身体イメージに苦しんでいる人へのメッセージはありますか?何かアドバイス? 

がんばろう。自分を苦しめないでください。自分自身を見つける。あなたが苦しんでいるなら、助けを求めることを躊躇しないでください。そして協力し、他の人を助けます。自分で変えて気分が良くなる限り、変えたいと思っても大丈夫です。そしてもちろん、自分撮りをして、自分の好きなことを書いて、ハッシュタグ#I_am_meを使って共有し ましょう。気分が良くなります! 

 これまでにハッシュタグ#I_am_meを使用している人は何人い ますか? 

今のところ数人しかいませんが、これはほんの始まりに過ぎません。私はますますそれをするのを待っています。楽しい!実は、公の場やソーシャルメディアで顔を見せたくないという理由でやらない人もいます。ご存知のように、顔を見せたことがない有名人がいます。たとえば、Myss Keta(イタリア)です。声を上げるために必ずしも顔を出す必要はありません。 

かっこいい!私たちは本当に彼らからインスピレーションを得る必要があります! 

Ishikawa Yumi Twitter: @ishikawa_yumi 

IG: @ishikawa_yumi.official 

I_Weigh IG:  @i_weigh

I_am_Me IG:  @ i_am_me.official

Read More

日本における共同親権をめぐる議論

日本における共同親権をめぐる議論

私たちVoice Up Japanとして、日本における共同親権について、その現状を理解したい、なぜタブーなのかを知りたい、様々に論争が繰り広げられる本題に関して建設的な議論を構築したく執筆しました。ご意見などございましたら、ぜひ下のコメント欄にお書きください。